top of page
  • マルフクメディカルフーズ

自分に適正な食生活

 毎日の食生活で、足りない食品や、足りすぎている食品かは、先述した一覧表で、〇印をつけることで解かります。特に足りない食品は野菜でしょうか?海藻でしょうか?豆類でしょうか?一年を通じて、特に寒くなると、色々な鍋が食卓に登場するでしょう。給食では一人鍋は難しいので、その代わり、シチューやポトフやほうとう汁やけんちん汁等が登場するかもしれません。鍋には具材が沢山入り、数日内で取れなかった具材も鍋に入れることができるかもしれません。野菜もキノコも入り茹でることにより、ゆで汁にK(カリウム)、それに水溶性のビタミンB群、Cが抽出します。汁は最後にご飯を入れておじやにすると、それらの栄養素も捨てることなく食べる事が出来ます。このように考えながら、体つくりをして、体調を保持しているわけですが、今はたんぱく質不足を懸念するあまり、高齢者でもたんぱく質不足にならないように、粉状のプロテインを水で溶いて飲んでいる方が少なくありません。強度な運動の後では筋肉が疲弊していることも考えられますので、早い時間内にタンパク質補給が必要と言われています。プロテインには植物性と動物性食品からの2種類ありますが、吸収が良いということで、動物性の乳製品から作られるプロテインが、よく使用されています。しかし、食事からとるたんぱく質ではなく、これらから摂取すると、注意しなくてはいけないことがあります。腸内の状況を確実に変化させることです。便秘になることがありますので要注意です。あくまでも毎日の食生活を崩すことなく、体質に見合った食生活をすることが大切です。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
ブログバナー.png

マルフクニュース

記事カテゴリ

bottom of page